焼入れと反りについて

焼刃土を縫って土置きをした刃は火床(ほど)で800℃程度に刀身を一様に加熱するそうです。そして船と呼ばれる水槽に一気に沈めて急冷するそうです。このときに、日本刀の大きな特徴である反りと刃文が同時に生じるそうです。刀匠は、この焼入れのときに、鍛刀所の明かりを暗くして、加熱温度を赤め輝きで判断するそうです。刀匠は目指す反りや刃文になるように焼刃土を置いていくそうですが、それが思うように現れるということはなかなかないそうです。これは各流派の掟や、刀匠の経験と技量が遺憾なく発揮されるといえるようです。反りは日本刀を象徴する姿形の美しさの要といえるそうです。戦闘方式の変換とともに、その位置や高さに変化が見られるといいます。時代が下るにつれて、反りの中心というのが腰から先に移っていっているそうです。腰のあたりで反りが最も大きい腰反りというのは、平安時代末期から室もあち時代初期にかけての太刀に見られるそうです。
中反りというのは、反りの中心が刀身の中央に位置して、反りが鋒から茎までほぼ一様な曲率だそうです。鎌倉時代の山城伝や大和伝に見られるものだそうです。先反りは、刀身中央より鋒側よりに反りの付いた姿となるそうです。室町時代や戦国時代の打刀に多く見られるそうです。腰反りの深い太刀は騎馬戦に有利だそうですが、先反りは、徒歩戦(かちせん)において抜刀や操刀に適した反りになっているそうです。日本刀の反りというのは、棟に向かって反っているそうです。この逆に刃に向かっている反りを内反りというそうです。上古代の刀剣や鎌倉時代の短刀に見られる形だそうです。内反りの例としては、石神神宮に伝わる布都御魂の剣というものがあるそうです。

造り込み・土置きについて

日本刀というのは、折れず、曲がらず、よく切れるというのがキャッチフレーズだそうです。人を斬っていたと考えるとちょっと怖いです。日本刀の特徴というのは、炭素量が少なくて軟らかい心鉄(しんがね)を、炭素量が多くて硬い皮鉄(かわがね)で包んでつくるということだそうです。これを造り込みというのだそうです。軟らかい心鉄を硬い皮鉄で包むことによって複合材になるそうです。こうすることで、外側は硬く、全体としては柔軟で強靭な日本刀になるそうです。強靭でよく切れる日本刀の実現には、この造り込みによるものだといえるそうです。造り込みの代表的な方法は、甲伏せ(こうぶせ)、本三枚(ほんさいまい)四方詰め(しほうづめ)というのがあるそうです。
造り込みで組み合わせた素材は、沸かしながら刀身形状に打ち延ばしていくそうです。これを素延べというそうです。鋒を打ち出した後に小槌で叩きながら日本刀の形状を打ち出していくそうです。これを火造りというそうです。火造りをしたあとに、曲がりやねじれなどを直すそうです。ヤスリやセンという道具などで刀身が整えられていくそうです。これで焼入れ前の日本刀の大まかな姿ができあがるそうです。素延べ、火造りをしたあとに焼入れがなされるそうです。焼入れというのは日本刀に命を吹き込むものといえるそうです。火造りを終えた刀身に、焼刃土(やきばつち)が塗られて焼入れが施されるそうです。まず刀身に、耐久性のある粘土に木炭や砥石の細粉を混ぜて作られた焼刃土が塗られるそうです。これを土置きというそうです。刃になる部分には薄く塗り、棟側には1mm程度に厚く塗るそうです。
反りや刃文などは焼刃土を塗ったとおりに現れてはくれないそうです。

武士にとっての刀

 武士は単なる兵士ではありませんでしたから、アイデンティティや自己実現といった生の悩みに正面から向き合う青年でもありました。ですから傾奇者と呼ばれるような武士も出現したのです。彼らは変わった格好で目立ちたがる変人でしたが、自己表現の場を求めていたのでしょう。兵士としてはそのような場で目立つ他なかったのです。ファッションでも目立とうとする試みは散見しました。例えば、重ね着をすること、大きな刀を差すこと等は、珍しい現象ではありませんでした。刀に寄りかかってポーズを取るモデル気取りの武士までいましたから、日本刀もその意味ではファッションアイテムと言えるものでした。
 戦国時代の武士の生き方は異なっていたのでしょうか。殺し合いの続く時代に生まれた武士たちは、地獄を見ながら生きたはずです。そのような中に合って、冷静に刀を取り扱い、自分の身を守らなければなりませんでした。鞘から刀を抜いてしまうと、抜身で簡単に他人を傷つけてしまいます。自分の身体や味方を傷つけてしまえば大変ですから、常に冷静で居ることが求められました。それは戦闘中でも同様で、関ケ原合戦図屏風からはその様が見て取れます。抜身には取り扱い上の注意が沢山あり、横たえることは禁じられていましたし、利き腕で運ぶこともできませんでした。そうした決まりに服従したのも、日本刀の力があってのことでした。

言葉に見る日本刀

 日本刀に関連する言葉は沢山ありますから、興味のある人は使ってみてください。よく知られているのは、「目貫通り」等でしょう。「目貫」は日本刀の部位で、柄の金具を指して言います。単なる飾りではなく、触感を良くする働きを持った部品です。刀への組み込み方は複雑で、正確な仕事が必要になります。この大切な部位を指す言葉から転じて使われているのが「目貫通り」なのです。
 他の例としては、「反りが合わない」という表現も挙げておきましょう。この言葉は、刀身と鞘との相性に関係してできた言葉です。つまり相性が悪ければ刀を収めることが出来ないという意味です。ここから転じて人間関係の相性を指して使うようになったというわけです。ただこの言葉は誤用が目立ちます。というのも、単に仲の悪いことを指して使われることがあるからです。正確には表面上の付き合いに問題が生じていない場合に用いるべきなのです。
 「鍔迫り合い」はすぐに想像できるでしょうから説明するまでも無いでしょう。鍔と鍔とがぶつかる様を想像すれば良いのです。そこから転じて、力が拮抗する者同士の争いを指して使います。日本刀に絡めた表現は他にも沢山あります。ことわざに限っても、「似非侍の刀弄り」「抜かぬ太刀の高名」「匕首に鍔」等が挙げられます。辞書等で調べて使ってみましょう。

武士道と礼儀

武士道というものが、かつての、江戸時代よりも、むしろ現代にとって、最も必要とされている考え方である、可能性が、少なからずあると考えられるのではないでしょうか。一般的に言われるのは、武士道や、剣術などで身につけた動き方や、観察眼というものは、自分自身がピンチに陥った、本能的に感じる危機的な状況において開花される、という風に言われており、様々な、ピンチの際に、本能的な行動がただされる、という意味で、非常に価値があるものが、武士道であるというふうに考えられるわけです。自分自身を、防衛する、手段をきちんと持つことが、求められている、現代社会においては、このようなものが、大きなメリットとして、作用するということは、間違いなく言えるのではないでしょうか。基本的には、武士道というものは、相手に、おもねる文化があり、自分自身から、積極的に、刀を振って、相手を、攻撃するということではなく、相手自身の攻撃に対して、受け身を取ることで、自分自身を守るということが、最も、基本にあるわけです。どのように、相手を制するのでは、ということを、考えるのではなく、相手の行動を、制限しつつ、いつのまに、相手が攻撃する気を、失わせる、ということが、重要だと言えるでしょう。このような考え方の根底にあるのは、自分自身と、どのように向き合うのかということが、求められているということは、確実だと言えるでしょう。

日本刀と財源

時の政府の財源は、時代が変わればその有様も変わります。今では考えられませんが、刀剣が重要な財源となった時代もありました。例えば室町時代、日本は世界に冠たる武器輸出国でした。日本刀は中国に高く評価され、当時の明王朝に向けて大量の日本刀が輸出されたのです。もちろん日本刀が評価され始めたのは室町時代以前に遡ります。平安時代には宋王朝が深い関心を寄せ、日本刀の美術的価値や切れ味に注目が集まっていました。宋の詩人として名高い欧陽脩は日本刀に関する歌を詠じ、その美しさを称揚したと言われています。古代には中国の刀剣の足下にも及ばなかった日本刀が、独自の発展を急速に遂げたことを意味するものと言えるでしょう。さはれ実用的な発展は室町時代以降を待たなければならず、裏を返せば室町時代の職人の技術が飛躍的に向上したと言えます。その甲斐あって中国人のイメージが「美しい日本刀」から「よく切れる日本刀」に変化し、輸出用の大量生産が実現したのでした。

日本刀は幕府のお金を生み出したわけですが、同時に武士の仕事も創出しました。戦国時代にあっては、武者修行することが処世術だったわけです。豪族から浪人に落ちぶれた人たちは一念発起して再就職を目指し、武芸の鍛錬に勤しみました。スキルアップして労働者としての自分を高く売ろうとする行為は、今も昔も変わらないものなのです。

その武芸の真価はと言えば「首取り」でした。合戦において日本刀は最初から活躍するわけではなく、現代人がイメージする白兵戦は稀だったとされています。実際軍忠状は弓矢や槍による負傷の説明に多くが割かれており、刀傷はほとんど見られません。

皇室と刀

皇室の刀と聞いてすぐに思い浮かべるのは「草なぎの太刀」でしょう。三種の神器として人口に膾炙しています。しかし皇室にはその他にも神聖な刀が存在します。その一つが「壺切御剣」です。9世に宇多天皇が後の醍醐天皇の立太子に際して授けたと伝えられており、爾後儀式化し、慣例となりました。刀そのものは藤原基経が献上したと言われています。皇室では儀式を尊ぶため、刀の授受は立太子の必要条件ともなっているのですが、それを象徴する事件が11世紀に起こっていました。後一条天皇の恣意的な立太子に対して、藤原家が首を縦に振らず、壺切御剣の献上を拒否したというのです。当時の藤原家の栄華を物語って余りあるエピソードであるとともに、皇室と儀式との結びつき、皇室と刀剣との関係性がよく分かる話ではないでしょうか。

悠久の歴史を誇る刀剣の文化は神性を帯びるばかりでなく、歴史学的な解明にも貢献しています。現存する日本刀の一つである、稲荷山古墳から出土した鉄剣は、保存処理によって金象嵌の銘文を出現させました。銘文の一部に「ワカタケル大王」とあったことから、当時の雄略天皇の側近の功績が記されていると判明し、同時に、ヤマト政権の勢力が5世紀後半には関東にまで及んでいたことが証明されたのです。

日本の刀剣は宗教的色彩を帯びてもいますが、むろん実用面でも発展を遂げてきました。その証左が槍の発展だと言えます。長い柄に尖ったものを付けるだけの原始的な武器は世界各地で見られますが、日本では刀を先頭に付けた槍の原型が鎌倉時代中期に発生し、室町時代以降は武器の主流に躍り出ました。因みに日本槍の起源は九州の豪族であった菊池氏の開発にあったとされています。